Global Innovation Forum 2020Global Innovation Forum 2020

出展企業
InnerEye(イスラエル)

デモ・ピッチ

動画の再生、商談会申込はログイン後に可能となります。

デモ

img_dummy

ピッチ

img_dummy

案件情報

人間の脳とAIを統合的な意思決定システムに
リアルタイムで接続できるソリューション

主要商品:
ユーザーの脳波(EEG)を読み取る小型のウェアラブルデバイスとソフトウェアとアルゴリズムが埋め込まれたコンピューター(タブレットや電話でも可能)を含むプラットフォーム。InnerEyeは、AIモデルの開発と訓練、ビジュアルスキャニング作業の向上、そしてユーザーの脳を直接IoTシステムやウェアラブル技術に接続する目的に利用できる。

同技術のメリット:
InnerEyeは、次の2つの主要な課題に対処できる:①リアルタイムで高い精度を保ちながら、専門家による視覚データ(セキュリティ、ヘルスケア、インテリジェンス、製造業、データアノテーション作業)を処理する必要性 ②ユーザーとスマートAI基盤の技術を接続する必要性(ゲーム、仮想現実、拡張現実など)。
さらに、意思決定までの時間を短縮し、複数のユーザーとAIを単一の統合システムに組み合わせて、意思決定の質を上げることができる。また、ユーザーの認知状態や集中力と疲労の状態のモニターもできる。製造業の品質検査、荷物のセキュリティーチェック、視覚データのアノテーション、自動化ソリューションの開発など、多様な場面で役立つ。

商談の目的・商談希望相手:
AI向上のソリューションを必要とするテクノロジー企業、工場、メーカー、空港、放射線センター、コンピュータービジョン企業、ゲーム企業等を対象に、当社ワークステーションのライセンス契約、ウェアラブル、コンピューターおよび補助機器の販売のほか、脳を基盤にしたコンピュータビジョンのモデルパートナーとしての連携、共同での製品開発等について面談希望。

ページトップへ