Global Innovation Forum 2020Global Innovation Forum 2020

出展企業
RFルーカス(日本)

デモ・ピッチ

動画の再生、商談会申込はログイン後に可能となります。

デモ

img_dummy

ピッチ

img_dummy

案件情報

位置を自動取得してデジタルマップに表示できる
RFIDの新たな在庫・物品管理システム

主要商品:
製造(工場)、物流(倉庫)、小売(店舗)における入出庫、棚卸、ピッキング、探索などの作業時間を約80%削減し、DX(*)による生産性向上を実現。商品位置を可視化してデジタルマーケティングにも活用可能。
*DXとは:デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital transformation)の略。企業を取り巻く市場環境のデジタル化に対応するため、企業が行うあらゆる経済活動やそれを構成するビジネスモデル、ならびに組織・文化・制度といった企業そのものを変革していく一連の取組

同技術のメリット:
従来、RFID(ICタグ)は正確に位置特定できなかったが、当社の電波位相解析(日・米・欧で特許取得)が、初めて高精度な位置特定を実現。BLEなどビーコンはセンサーが1つ数100~1000円であるのに対して、RFID(ICタグ)は1枚10円前後と安価なため、大量のモノに貼り付けて在庫・物品管理が可能となる、ありそうでなかった初めてのソリューション。
*RFIDとは:電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステム。バーコードでの運用では、レーザーなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができ、電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能。

商談の目的・商談希望相手:
DXによる現場の効率化や、サプライチェーンの再構築に取り組む製造業と、同社ソリューションの導入に関して商談を希望。

ページトップへ